メインイメージ画像

入学金について知っておくべき事

ご子息が行きたい学校に合格が確定した場合、一番にいるのが、入学金だと言えます。一般的に、教育ローンは入学金に利用することは可能です。本章では、大学に限定して、入学金がどのぐらいか見てみましょう。国立大学の入学金は平均およそ28万円、私立大学文系では、25万円ほど、私立大学理系では、約26万円、私立大学医歯系では、100万円ぐらいです。国立大学であるか私立大学に決めたか文系なのか理系であるかでかかるお金も大きく相違します。

ですから、入りたい大学が決まり次第、サイトなどで入る前に早い時点で入学金がいくらかかるかチェックをしましょう。

教育ローンは銀行に限定せず多くの金融機関が借入をしているのです。本文では、郵便局の教育ローンを借りた方の体験談を例にあげましょう。「教育ローンは、銀行のみでしか利用できないと思いこんでいました。学校も、確定したので、教育ローンの検討を始めた時、郵便局でも教育ローンの取扱いの準備があることを耳にしました。

その教育ローンは郵便局自体が扱っているものでなく、協力銀行が用意している教育ローンです。金利は、他の銀行のものと同じだと思いますが、カードを用意してくれるのが決定要因となりました。カードを利用して提携ATMから返済できるので、少しずつでも返金しようと考えています。」少額でも返済できるというのは決定ポイントの1つでしょう。

更新情報